むちうち・交通事故治療専門の整骨院紹介

整形外科でのむちうちの治療について

むちうちは、首の損傷の中でも比較的軽い症状の時に呼ばれる名前であるため、軽視してしまう患者さんもいますが、正しい治療を行わないと、いつまでも痛みが伴ったり後に重症化する場合もあるので、整形外科での診断・治療を受けることが重要になります。

交通事故により突然の衝撃で頭ごと首がしなって、筋肉や筋・関節を痛めた場合にすぐに症状が出ないことがあります。骨のずれが徐々に痛みとして出てくる場合もありますし、事故の後で神経や気持ちが高ぶっていて痛みを感じにくくなっている場合も多いためです。ですあから、ちょっとした衝撃の交通事故であったとしてもむちうちになっていることを疑い、病院で診てもらうことは必ず行うべきです。

整形外科の中でも、交通事故治療を専門的に取り扱っている病院だとより良いです。診断書を書く際にも一般的な怪我などとは違った交通事故専用になるため、関連した書類作成にも慣れていてスムーズです。また、事故に遭った人の診断・治療している症例数が多いため、症状に合わせた的確な治療も望めます。

医師の診断や治療は、保険や慰謝料を請求するときにも重要になりますから、病院選びは大切です。治療期間も個人差があり、数か月で回復する人もいれば何年も通院が必要になる患者さんもいるため、専門的な病院であることのほかに、通院しやすい場所にある病院を探すと良いです。最初に行った病院の対応が不十分であった場合には別な整形外科に移ることも可能ですが、優良交通事故治療院として認定を受けている病院にすれば十分な対応を受けられるようになります。

受診する際には、これまで違う病院に通院していたことを伝えて診察を受けましょう。場合によっては保険会社や事故を起こした加害者に対して病院を変えたことを通知する必要もあります。

むちうちの通院期間が長いと保険会社からまだ回復しないのかとしつこく電話連絡をよこしてくるようになりますが、症状が治まっていないのに通院をやめる必要はありません。あまりしつこく連絡が来る場合には、担当医から保険会社に症状の説明をしてもらうと良いです。