むちうち・交通事故治療専門の整骨院紹介

むちうちの特徴的な症状について

むちうちとは、交通事故などにあった場合におこるものですが、事故の当日にはほとんど症状はまだあらわれません。翌日や2,3日経過してから、首筋や背中に痛みが生じたり肩こり、耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気などの症状がでます。自律神経に障害がでたり、背中や首の違和感や不快感はすぐ治ることなく、数年から数十年にわたって続くこともあります。むちうちは、後ろから追突されることによって首を傷めることが多いのですが、その症状はさまざまです。

ひとつは頸椎捻挫型とよばれるもので、肩が重くなったり、首の筋肉がいたみます。また自律神経障害型では、肩こりや頭痛、吐き気や耳鳴りなどがおこります。また、神経根損傷型の場合には、腕に強い痛みを発症します。それ以外には脊髄が損傷することによって手足に麻痺がおこります。首の周囲には自律神経をつかさどるたくさんの神経があるため、首回りを損傷することによって、からだのあちらこちらにいろいろな症状があらわれるのです。

自律神経のバランスが崩れると、痛み以外にも、めまいや吐き気といった、事故に関係なさそうな症状が繰り返されるため、悪循環になります。それ以外には、知覚の障がいやしびれといった神経障害や、耳鳴りや聴力が低下する聴覚障害、嚥下が難しくなったり、発語することが難しくなる耳鼻咽喉科的な障害が起こることもあります。それ以外では回転性のめまいがおこったり、歯科領域の障害がおこることもあります。また、不安神経症になったり注意力散漫といった神経心理学的に問題がおこることもあります。

むちうちは、寝ていると楽になり、立ち上がることでさまざまな症状がおこるということがあります。たいせつなことは、早めに治療をおこなうことです。治療は、整形外科などの医療機関を受診することでうけられます。マッサージや接骨院でいたみを抑えるだけでは、のちのち後遺症がつづく可能性があります。知識のないところで治療をうけたり、自分でマッサージをするのは危険です。