むちうち・交通事故治療専門の整骨院紹介

むちうち治療の重要性

むちうちは、追突されたことによる交通事故によっておこったり、労災、スポーツによるけがなどでもおこります。突然の衝撃によって首の部分が鞭がまるでしなるように大きく動くことにより、血管や筋肉、じんんたいなどが損傷しておこります

むちうちは、レントゲンに異常があらわれず、さまざまな症状があらわれるのが特徴です。たとえば交通事故にあった場合には、その日には症状はあらわれず、翌日や数日経過してから症状があらわれることが多くあります。事故がおこってすぐに異常がないからといって、医療機関にかからないと、のちのち後遺症に悩む可能性があります。

むちうち治療の重要性は、からだのあちらこちらに症状があらわれることと、後遺症になると数年から数十年にわたって苦しむ可能性があるためです。むちうちで起こる症状としては、ひとつは肩が重くなったり首や筋肉がいたむ頸椎捻挫型です。そして、肩こりや頭痛、吐き気や耳鳴りといった自律神経障害型もあります。首の周りには大切な神経がたくさん通っているため、首を損傷することによって、自律神経が乱れてしまうことが多くあるのです。

また、手足がマヒする脊髄損傷型や、腕に痛みを感じる神経根損傷型などもあります。それ以外には、神経障害がおこったり、聴覚障害がおこったり、平衡障害がおこることもあります。心理的に不安になったり注意力が散漫になることもあります。

そのため、これらの症状をすこしでも緩和させるためにも治療の重要性が高まるのです。むちうちの治療は、たとえ症状が軽くても整形外科などの医療機関を受診するほうがよいといえます。応急処置だけや、マッサージ施術を受けるだけでは、一時的に痛みをおさえることはできても、のちのち後遺症がつづくことがあります。後遺症が続かないようにするためにも早期の治療の重要性があるのです。整形外科では、損傷の度合いによって治療法がかわります。基本的には安静にして頸椎カラーを装着します。