むちうち・交通事故治療専門の整骨院紹介

交通事故の発生から解決までの流れ

交通事故を引き起こしてしまった場合には、当然慰謝料請求や損害賠償請求が発生するのですが、その時には、大抵の場合には、個人間の示談で決着がつくことがほとんどです。場合によっては、刑事訴訟に発展することもあるのですが、示談で穏便に済ませようと考えていることが多いです。しかし、そのような交通事故示談は、ある一定の流れを踏んでいかないといけません。その流れを無視してしまうと、交渉が決裂して裁判沙汰になってしまうこともあります。ですから、弁護士などを依頼して流れを踏んで解決していく方法を模索していくのがよいでしょう。大抵の場合には、交通事故示談は、被害者の被害状況などを勘案して決定した金額によって行われます。弁護士を挟んでいる場合には、弁護士が出した基準に基づいて話し合うことになるので、一方が金額に不満を抱いた場合には、交渉が長引くことがよくあります。この時に金額に反映されるのが、被害者の治療費やその時間に働けなかった分の給料の立て替え、さらには後遺障害などが発生した場合には、その分の費用も加算されることになります。後遺障害の場合には、その等級に応じて金額が定められることになります。最高で1000万円以上の加算になることもあります。これだけの金額を加算すると、最悪の場合には金額が1億円を超えることがあります。特に、被害者が妻帯者の場合には、その子供の養育費などの支払いも義務が発生することがあり、その子供が成人になるまで継続して慰謝料が発生することになります。その金額は、任意保険に加入していたとしてもまかなうことができない金額になるくらいです。ですから、できるだけ裁判沙汰にしないようにする必要があるのです。交通事故示談の場合には、被害者にも過失があることがあります。被害者に過失があった場合には、そのことを主張することで、逆に減額措置をとることもできます。その場合には、裁判沙汰になってしまったとしても、減額を取り消すように求めた側が裁判費用のすべてを負担することになる可能性が高いので、その時にはしっかりとした主張をしていく必要があります。